サニタリーボックスの選び方

おすすめの自宅用サニタリーボックスを解説

サニタリーボックスの問題点と対処法

ないと不便だけど臭いや汚れが気になる

サニタリーボックスはトイレに設置する小型のごみ箱のことで、主に使用済みの生理用品などの処分に用います。替え終わったおむつなどトイレで処分したほうがいいごみは多いため、設置していなければ何かと不便です。大体の公共施設のトイレには設置されており、自宅に備え付けている人もそれなりにいます。ただ、サニタリーボックスを使っていると臭いや汚れが気になってきます。自分だけ使うならまだしも、他の家族や来客に知られればいたたまれなくなるでしょう。かと言って、何度も中身を捨てたり掃除したりするのはかなり手間がかかります。そのため、自宅設置用のサニタリーボックスは、臭いや汚れに強く中身の処分を頻繁にしなくて済む物にするのがおすすめです。

おすすめは密閉できるペダル式のボックス

臭いが漏れ出ることを防ぐには、中が密閉できることが外せない条件になります。そのため、上部にふたが付いていてしっかりと閉まるタイプの物を選ぶといいでしょう。臭いが出ないだけでも、ボックスの使用感はかなり快適になります。それに加えてペダルでふたを開閉するタイプなら、使用時にボックスに直接触らずに済むので衛生的です。大きさはトイレの広さなどによりますが、1.5リットルほどの大きさの物が使い勝手がよくおすすめです。あまり小さいと捨てる回数が増えてしまい、逆に不便になってしまいます。そのほか、中身が見えにくい物や持ち手が付いて運びやすい物など、様々な特徴を備えたタイプがあります。おむつも捨てるから容量があって運びやすい方がいいなど求める条件は人によって違い、サニタリーボックスをインテリアとして考えている人は、見た目を重視することもあるでしょう。いろいろな視点で見て自分に合う物を選びましょう。

すぐに使える使い捨てタイプもある

サニタリーボックスには使い捨てタイプもあります。使い捨てのメリットは場所を取らないことと廃棄が簡単なことで、使いたい時だけ用意することができます。使い捨てのサニタリーボックスは組み立て式で、組み立てる前はとてもコンパクトな形状です。そのため、ストックが収納スペースを圧迫することがなく置き場には困りません。ダンボールなどすぐに捨てられる素材でできており、使用後はそのままごみとして出せます。中身の入ったボックスをトイレ内に置いておく必要がないので、臭いなどの心配もなく快適さを保てます。サニタリーボックスの使用頻度が少ない人や、スペースがなくて常用の設置が難しい人は、使う時にだけ使うボックスが便利かもしれません。

人気記事ランキング