進化するサニタリーボックス

安心して利用できるサニタリーボックスを紹介します

女性に人気のサニタリーボックスの特徴を知る

衛生面や臭いの問題を解消する商品

女性は毎月の生理がありますが、使用済みのナプキンを捨てる際はやはり気を使う傾向にあります。公衆トイレやオフィスのトイレには女性が捨てやすいよう、サリタニーボックスを用意していることが多くなっていますが、他の人も使用していることもあり、手を入れることに抵抗を感じる人は少なくありません。大量の血液がついたナプキンが入った箱に手を入れるのは衛生面でも良いとは言えませんし、手を入れる際に直接触れてしまう可能性もあります。このほかの悩みとしては使用済みのナプキンが見えてしまう、座ったままでは捨てにくい、さらに臭いが気になるなどがあげられます。女性が快適に使うためにはこれらの欠点をしっかりカバーした商品を用意することが大切です。最近はより進化した商品も登場していますので、サニタリーボックスの使用でお悩みの方は交換も考えてみてはいかがでしょうか。

女性がサニタリーボックスを使う際は、できるだけ直接手に触れることを避けたいという意見も多くなっています。最近はトイレもセンサーが使用されることが増えており、手を触れずとも水を流したり、蓋を開閉できるタイプも人気となっています。サニタリーボックスにもセンサーが採用されていれば直接触れることなく、使用済みのナプキンを捨てることができますし、深さのあるタイプなら中身が見える心配もありません。消臭や抗菌機能が付いたものなら臭いも気にならず清潔に使うことができます。そして捨てたものをパッキングできる機能があれば臭いや雑菌の心配もなくなりますので、より清潔に使うのであればパッキング機能のある商品から選ぶこともおすすめです。そして座ったまま使いやすいということも大事ですので、高さにもこだわりたいところです。

清潔に使うためには定期的な洗浄も必要

サニタリーボックスも現在はより清潔に使えるもの、高機能なものが登場していますが、やはり使い続けるうちに汚れがついてきます。いくら良いものであっても汚れたまま使い続けることは衛生的とは言えませんし、臭いの問題も発生しやすくなります。それゆえ、清潔を維持するためには定期的に洗浄や消臭を行う必要がありますが、血液のついたサニタリーボックスの掃除には抵抗を感じる人もあるのではないでしょうか。そんな場合は定期的に本体を回収し洗浄や抗菌処理を行ってくれる業者を選んでおくと安心です。付属品や電池などが切れてしまうとせっかくの機能を十分に発揮することはできなくなりますので、付属品や電池の効果も定期的に行ってくれる業者であるかはよく確認しておきましょう。

人気記事ランキング