旅行好きに活用してほしいシェアハウス

最新情報

2017年12月22日
旅行好きに活用してほしいシェアハウスを更新。
2017年12月22日
女性専用のシェアハウスも存在を更新。
2017年12月22日
集団生活ではルールを守るを更新。
2017年12月22日
年齢層は幅広いを更新。

カレンダー

2018年10月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

シェアハウスとゲストハウスって違うの?

シェアハウスとゲストハウスには定義がなく、同じような意味で使われています。ですが同じような意味で使われているものが自分が思っていたものと全く違ったら驚いてしまいますよね。そこで、シェアハウスとゲストハウスについて調べてみました。
シェアハウスとゲストハウスの大きな違いは契約期間です。シェアハウス契約期間は最低でも1ヶ月以上ですが、敷金礼金仲介手数料はほぼかかりません。その地に居住して生活していくための家です。シェアする人との関係性が重要になるので、初めから長期の契約はしないほうがいいと思います。
ゲストハウス1泊から長期滞在まで必要に合わせて利用することができます。簡易宿泊施設なので安く泊まることができるため、旅行における通過点のひとつとも言える場所です。
シェアハウスとゲストハウスのイメージは学生寮に近いです。建物全体を運営する人(シェアハウスの企画者や会社等)が、共用部分であるトイレやキッチンなどの水回りや廊下や建物等を管理しています。シェアハウス入居者には寝室となる個室が与えられます。広さによって家賃が変わります。
ゲストハウス個室もありますが、一部屋にベッドがいくつも置いてあり知らない人と5、6人で寝るドミトリーと呼ばれる相部屋があります。大きな違いもあれば、その程度しか変わらないのかという点もありますが、利用する際はしっかりと下調べをしてください。

シェアハウス選びはセキュリティをチェックしよう

プライベート空間を個人の部屋にし、それ以外の今や風呂などを共同スペースにすることで、昨今では希薄になってしまった人との繋がりを持った生活が出来るのがシェアハウスです。そのシェアハウス選びの際は、セキュリティ面をしっかりチェックしましょう。まずはシェアハウスの共有スペースと外を繋ぐ玄関の鍵などをチェックしましょう。居住者がシェアするこのスペースに外部の人間が簡単に出入りするのは非常に気持ちが悪いですよね。そのためしっかり鍵があるか、その鍵は簡素なものではないか、などをチェックしましょう。
また、個室の鍵もチェックは必須です。この鍵は自分の貴重品やプライベートスペースを守るためのものですので、これがしっかりしているかどうかもシェアハウス選びの重要な点でしょう。中にはシェアハウスの同居人の金銭を狙う輩もいますので、こういった点は何よりも重要視するようにしましょう。シェアハウスのセキュリティ対策は業者や場所によってまちまちのため、例えばオートロック機能が付いていたり、出入り口に防犯カメラが設置されているところもあります。セキュリティ面を気にする方は、こういった部分に力を入れているシェアハウスを探してみてはいかがでしょうか?

Copyright(C)2017 場合によっては良い人生経験にもなるシェアハウス All Rights Reserved.